Diary

#LGBT(Q)の人です。日常の雑記、写真。

幼少期

あまりネガティブな事を書きたくないですが

 

 

 

 

 

 

少しだけ…私の幼少期の事を書きます。

 

 

 

 

 

 

昔、うちの母親が育児ノイローゼ

 

 

 

私は、ご飯を貰えない事が多かったです。

 

 

 

 

 

 

随分、長い事、ごはんを貰えなくて、定期健診みたいなので、栄養失調と指摘された事がありました。

 

 

 

 

そんな時に祖母が隠れて

 

 

私におにぎりを握ってくれたことを思い出しました。

 

 

「沢山、食べるとお母さんが怒るから」と言う理由から一口で完食する程度のおにぎりだったと思います。

 

 

でも、おにぎりも毎日はもらえないので

 

 

お腹が空き過ぎて砂を齧っていた幼少期。

 

 

 

 

 

暫くして、自分で食べれるようになると

 

 

「今、食べておかないと、次、いつごはんが食べれるか分からない」

 

 

と言う強迫観念に苛まれ

 

 

 

過食症になりました。

 

 

 

 

 

 

 

その後、拒食症になったのは

 

 

強迫観念で食べるのが、心底嫌になったからでした。

 

 

その結果、私は食べる事を辞めました。

 

 

 

 

 

未だに食事は強迫観念みたいなところがあります。

 

 

ろくに食べ物を咀嚼しないで丸飲みして

 

 

食事と言う「行為」を終わらす毎日。

 

 

 

 

未だに食事は好きではないのですが

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180419201416j:plain

 

 

 

今は、コリ助にごはんやおやつをあげるのが好きです。

 

 

本当に本能のまま

 

 

全開でおいしいを感じてごはんを食べてます(笑)

 

 

この写真なんておやつを目の前に涎垂れてる!!!

 

 

ごはんを食べる事の楽しさは、まだ、いまいち分かりませんせんが

 

 

ごはんを作ったりあげたりする喜びが分かったので、

 

 

少し前向きな気持ち。

 

 

新宿ごはん

f:id:trash515:20180415084739j:image

 

 

retty.me

 

 

14時近くに行って来ましたが

 

 

流石に店内は空いていました

 

 

夜の18時に再び訪ねた時は満席💦

 

 

ここでごはん食べて二丁目遊びに繰り出す人が多いのかも😭

 

 

私はロコモコボウルを食べたのですが

 

 

 

ボリューム満点で

 

 

夕飯が食べれなくなりました

 

 

美味しかったから後悔なし👌🏻

 

 

 

f:id:trash515:20180416022041j:image

 

 

お友達と夜中まで遊んで

 

 

朝ごはん

 

 

www.ginza-renoir.co.jp

 

 

私にしてはリッチな朝ごはんになってしまった(笑)

 

 

 

コンソメスープ温まります🥪🍲

 

 

 

1週間

 

 

 

 

f:id:trash515:20180406071735j:image

 

 

 

今日で、勤務5日目になります。

 

 

 

まだ、通勤中に写真を撮る余裕はないのですが

 

 

 

昨日、一雨☔️来そうな空が

 

 

 

なんとも言えない一枚になりそうだったので

 

 

 

撮ってみました📷

 

 

 

 

今回は、日勤・夜勤がある仕事で

 

 

今月一杯は、日勤です🙌🏻

 

 

まだ、会えてない先輩が何人かいるので

 

 

これからが楽しみ。

 

 

 

こう見えて、人見知りが酷いので

 

 

 

なかなか、馴染めず😥

 

 

 

人見知りがなぜ発生するのか考えていた時

 

 

自分なんかがと言う気持ちがとても強いことに気付きました。

 

「自分なんかが相手の時間を使って頂いている」と言う認識が自分にはあって

 

 

話して良いものか悩む時が多々あります。

 

 

なので、人に会うと楽しませなきゃいけない

 

 

率先して行動しなきゃいけない

 

 

みたいな強迫観念があります。

 

 

 

これを、少しずつ克服出来ないかなと

 

 

日々奮闘しています。

 

 

明日、明後日はお休みなので

 

 

ゆっくり休みます😊

特別

f:id:trash515:20180327203957j:image

 

 

 

 

 

 

少しばかり耳が痛い話をします。

 

 

 

 

 

ここ何年かで

 

 

 

LGBTsの問題はメディアで取り上げられて

 

 

 

 

 

注目を浴びています。

 

 

 

 

そんな時期に、私は、居酒屋でバイトをしていました。

 

 

 

見るからに典型的なビアンさんのような出で立ちをした私に

 

 

 

 

「なあ、おねーちゃん、いや、おにいちゃんか?あんた、最近、流行りのLGBTって人やろ?」

 

 

 

 

 

と年配のお客様に聞かれました。

 

 

 

 

私自身は冷静に

 

 

「プライベートなことですので、お答え出来かねます。」

 

 

 

 

とその質問に答えない姿勢を貫いて接客をしていました。

 

 

 

 

「心が男なら「私は男です」とネームプレートに書いておけ」

 

 

 

 

「女が好きなのかどうか?実際、女としてるのか」

 

 

 

 

という非常識な質問をされても

 

 

 

お客様ですので

 

 

 

杜撰な対応は出来ず

 

 

 

一通り接客をするということが何度かありました。

 

 

 

 

 

 

この複雑なセクシャルマイノリティ

 

 

 

 

なにかのカテゴリに当てはめるのは無理だと

 

 

 

 

私自身も色々な方とお話をして

 

 

 

ここ最近感じたことです。

 

 

 

 

ただ、相変わらず一部の方は

 

 

 

LGBT=同性愛者、性転換を望んでいる人

 

 

 

 

というレッテルを貼りたがります。

 

 

 

それが、なんだって言うのでしょうか? 

 

 

 

からしたらLGBTs以前に

 

 

「みんな人間なんだから

 

 

色々な人がいて当たり前」

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

過去、同性愛嫌悪が、私にもありましたが

 

 

 

いざ歩み寄り話してみれば

 

 

私のように

 

 

いじめを受けていたり

 

 

学校に行けなかったり

 

 

些細なことに傷付きながらも

 

 

 

生きて来た方々だと

 

 

 

自分の認識や考えを改めました。

 

 

 

 

 

人の性について

 

 

例え「お客様一従業員」の関係でも

 

 

その領域に身勝手に入るのは

 

 

傲慢と言うやつです。

 

 

セクハラです。

 

 

見た目でレズビアンさんと思われる事が多い私ですが

 

 

一応、自身をQとしています。

 

 

 

 

性別とか関係なく

 

 

その時が来たら

 

 

お相手を尊重し尊敬し

 

 

愛したいのです。

 

 

LGBTsはファッションでも流行りものではない

 

 

 

「それぞれが特別で個性的な存在

 

 

そこにセクシャルマイノリティーは関係ない」

 

 

今日、お話しした大先輩が残した言葉に感銘を受けた一日😊

 

 

 

 

 

春銀

 

 

 

f:id:trash515:20180325164547j:image

 

 

 

 

f:id:trash515:20180325164649j:image

 

 

 

シルバーアクセサリーとの

 

 

記念写真は

 

 

アクセサリーの成長日記みたいで

 

 

 

すきなのです❤️😋

 

 

 

 

もう、10年近く一緒にいる。

 

 

 

この先もよろしくね💋

 

 

 

 

写真も風景画や愛犬だけでなく

 

 

色々撮りたいと思ってます。

 

 

人物も撮りたいのですが

 

 

人物は難しいですね💦

 

名古屋ごはん

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180322072623j:image

 

 

 

 

 

www.miyakishimen.co.jp

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180322072634j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180322072906j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180322072933j:image

 

 

www.okageyokocho.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084139j:image

 

 

 

 

 

www.akafuku.co.jp

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084201j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084211j:image

 

 

 

 

bouzu-jidoribouzuhonten.owst.jp

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084303j:image

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084317j:image

 

 

 

 

www.lavecham.com

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084342j:image

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323084459j:image

 

 

 

 

 

 

 

www.tsuganature.com

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323112343j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180323112405j:plain



 

 

 

追憶を辿る

f:id:trash515:20180316160348j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180316160405j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180316160431j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20180316160449j:image

 

 

 

 

 

 

この写真の場所は

 

 

大切な先輩の思い出の場所なので

 

 

エピソードを私の口から語ることは

 

 

控えようと思います。

 

 

 

 

 

 

来月から新しい環境、新しい人に囲まれ

 

 

仕事をします。

 

 

 

 

 

 

プレイベートでも色々ありました。

 

 

 

 

綺麗ごとではなくて

 

 

出会いも別れも

 

 

 

私を着実に成長させてくれてるから

 

 

 

別れを憎み、悔しみ、恨むこともしなくなった。

 

 

全てにおいて「感謝」を出来るようになった。

 

 

 

人生に偶然はなく全ては現在の自分を

 

 

構成させるために絶対必要なものだと思う。

 

 

人だけでなく物も時間も場所も

 

 

過ごした時間、話した内容も全て

 

 

 

私の血となり肉となっている。

 

 

 

 

 

気付きも沢山頂いたので

 

 

自身を改善しつつ

 

 

 

 

痛みを喜びを感じて苦しんで生きていきたいと思った。

 

 

 

 

 

生きるって何したって苦しいよ。

 

 

それなら、私は苦しみながら僅かな喜びの為に

 

 

これからも命のソールを削って生きてくだけだ。