Diary

#LGBT(Q)の人です。日常の雑記、私のメンタルヘルス系の病気の克服方法についても書いていきます。何かのご参考になれば幸いです^O^

Shane 40th anniversary “Students’ Festival

f:id:trash515:20171123191954j:image

 

 

f:id:trash515:20171123095928j:image

 

参加して来ました。

 

また、オフの日に雨に降られる雨女。

 

3週連続オフの日に雨に降られてる☔️

 

 

f:id:trash515:20171123172306j:image

 

f:id:trash515:20171123172309j:image

 

f:id:trash515:20171123172313j:image

 

f:id:trash515:20171124072322j:image

 

今回のイベントは2000人も人が集まったらしく

 

感覚的にはライブ会場にいるかんじ😱

 

私も、講師と連絡取れないし

 

会場をフラフラしようと歩き出したら

 

先に会場にいた講師が私に真っ先に気付き

 

駆け寄り爆笑🤣

 

よくこの人混みの中、連絡も取らずに見つけたよ(笑)

 

「今日は一人⁇」と聞かれたので

 

「私、一人大好きなの(爆笑)」と答えると

 

「Rina相変わらずだね〜🤣🤣」と肩を叩かれ爆笑される。

 

講師の友達を2人紹介して貰った。

 

私の講師は男性なんだけど

 

彼に女性として見られてる感は一切なくとても楽チンな関係。

 

「仕事まだ決まらない⁇」みたいな話から

 

先週のモデルの話から

 

基本、私は何も取り繕わないし偽らない

 

世間体とか…まあ…色々考えたりしなきゃいけないんだけど

 

この人は平気だと確信するとどこまでもオープンなのが私。

 

流石に3年も授業教えて貰ってたらこうなるよなと振り返り感じた。

 

楽しいひと時はあっという間に過ぎた。

 

明日は就職支援センターの面談

 

また、面接の日々が始まる。

 

 

 

 

海の見える街

f:id:trash515:20171121171440j:image

 

 

 

 

f:id:trash515:20171121171445j:image

 

 

f:id:trash515:20171121171451j:image

 

 

f:id:trash515:20171121171455j:image

 

 

piny.info

 

母と母の友達とごはん。

 

その母のお友達…実は、私の同級生のお母さん

 

結構、私以外にもひきこもりをしている同級生がいたりして…

 

そこからずっと脱する事ができない同級生もいて

 

何だかもどかしい。

 

私は、偶々、人生のどん底

 

運よくキーパーソンみたいな人が現れて

 

ひきこもりから脱する事が出来たけど

 

その人が現れなかったら

 

今の自分はここにいない。

 

挫けそうになるとぽつぽつ私の前にはキーパーソンが現れてくれて

 

その度に「生かされてる」と感じること多々。

 

家族も友人も…とういうより私に関わって下さる人全てに生かされていると感じることが多くなった。

 

正直、今、自分は辛い時期だとは思う。

 

それを辛いと感じていないのは

 

拒食の経験や15年の空白の時間があったからだと思う。

 

普通の人が当たり前に出来ることが

 

自分は出来なかったので

 

少しずつ挑戦してる。

 

挫折が多い人生だから

 

それはそれでタフになったって事かもね(笑)

 

 

初さんぽ


Linkin Park What We Don't Know

 

コリィが家に来て4ヶ月たつと

 

お外さんぽがはじまります。

 

当時の私はひきこもり。

 

でも、この子のお外さんぽが出来るのは私だけ。

 

iPodを握り締め

 

恐いんだけど

 

f:id:trash515:20171120074003j:plain

 

コリ助に引き摺られて外に出た。

 

そして、パピーコリィは、人が珍しく

 

通り過ぎる人通り過ぎる人

 

皆、寄っていく。

 

あそんであそんで~💓💓と人に駆け寄る。

 

私は、平謝りしながらさんぽ。

 

でも、彼女が寄って行って、嫌がる様な人は近所にいなかった。

 

暫く外に出ていなかったから気付かなかったけど

 

ご近所は犬と一緒に生活している人が多かった。

 

道前方にガテン系のおじさん2人

 

道端で何かの作業をされている…

 

男の人が苦手な、私は、コリィを引くが

 

当時、ガリガリ栄養失調の私は彼女の力に敵わず引っ張られる

 

 

「あ…!!チビ助!!!まだ、乾いてねえよ!!」

 

 f:id:trash515:20171120074813j:image

 

彼女が飛びこんだのは乾いてないコンクリートの中

 

ごめんなさいと謝ると

 

ガテン系兄貴

 

「まあ、良いや(笑)直すのめんどくせえしそのまま記念に残しとくわ。」

 

と肩を叩かれた。

 

そんなエピソードがあり、コリ助初さんぽの記念が近所に残ってる。

 

今でも奴の「人間大好き」は健在だけど

 

今は私がコリ助をコントロール出来るから安心⭐️

 

9歳になっても相変わらずの落ち着きのなさ

 

可愛い女の子が大好きで

 

ご年配の方も好き。

 

いつでも、ニコニコ😆

 

f:id:trash515:20171120075543j:image

 

これが人から好かれる方法なのだと

 

気付いたのは最近。

 

犬であっても学ぶことは沢山。

 

この頃のコリィは、冬毛を蓄えまるまるして来た(笑)

 

 主人も撮影終わって緩んでるのでシメていかないと…😥

東哲郎

f:id:trash515:20171119072223j:image

 

撮って頂きました。

 

私は東さんとするフリートークが一番好き😋

 

毎度毎度、極度の緊張からかカメラが見れない📸

 

たまにチラ見出来るけど

 

すぐに目線を外してしまう。

 

それでも、撮って頂くのは

 

作品になった時の感動が味わいたいから。

 

 

tetsurohigashi.com

 

 

マリーゴールド

f:id:trash515:20171115073709j:image

 

たまに華を見るとほっとする。

 

雑多な人混みに塗れ

 

私自身も忙しなく生きてると

 

息の仕方も忘れそうな時あるもんなあ。

 

山形行って気付いたのは

 

あ、私、自然のあるところの方が

 

自分に合ってるんだなと確信。

 

便利な都会を取るか

 

不便さもありながら快適さがある田舎か

 

遠い将来自分がどちらを選ぶのか…

紙一重

f:id:trash515:20171114080335j:image

 

 

 

 

ことばってどんなに短文でも

 

その人の本質を

 

忠実に表すことに気付いた。

 

最近、多くの文章を目にする…

 

本、FacebookTwitter、ブログ…

 

中には見ていたくない文たちもいる。

 

そんな文に出会った時

 

何故それが嫌いなのか

 

私は考える。

 

人を活かすも殺すも

 

その人のことば次第。

 

私も、ことばを人に見て頂いている意識を持ち

 

ポジティブな気持ちになれる言葉だけを与えたいと誓う。

 

 

f:id:trash515:20171114063907j:image

 

f:id:trash515:20171114063923j:image

 

f:id:trash515:20171114063928j:image

 

 

f:id:trash515:20171114063849j:image

 

 

f:id:trash515:20171114064241j:image

 

f:id:trash515:20171114064246j:image

 

失礼ながら、今回のお友達に会った時の印象は

 

生に執着してない感じ

 

がした。

 

今は違う

 

絵に執着しすぎてるから

 

それだけ、絵が彼女にとって重要なことだから

 

他まで見る余裕がないだけ…

 

私は、それで良いと思う。

 

人生は夢中になれる事を見付けられたら

 

豊かになる。

 

好きなことってどんな形であっても

 

自分の人生に大きな影響を与える。

 

好きを仕事にする人は勿論

 

仕方なく、好きなこと以外を仕事にしてる人が世の中の大半だと私は思ってるんだけど

 

好きなことを追求してきた情熱って

 

仕方なくやってる仕事にも影響を齎しているんだよね。

 

私も、致し方なく好きでもない仕事をする方の人間になる覚悟を決め

 

今、就活中なんだけど

 

多分、全力で好きなことを追求して来たから

 

その情熱が何処かで活きていくと思っている。

 

本当の人生の勝ち組って

 

生き甲斐になる様な夢中なことを見付けることだよ。

 

結婚して子供を育てることは全ての人間の人生のゴールではない。

 

好きを追求するのもまた人生の充実

 

ご結婚をされた方は、子供が育ち、親を看取り、そこから出来た自由な時間こそが人生のスタートだからね。