Diary

#LGBT(Q)の人です。日常の雑記、写真。

感涙

今日は、企業説明会でした。

 

 

 

 

 

説明会始まってすぐに

 

 

 

 

 

誰も社員のいない応接室に通され

 

 

 

 

 

「その企業の辛いところ」

 

 

 

 

を徹底的に話して下さった採用担当に

 

 

 

 

 

 

感涙して泣き出してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの企業は「うちの企業はこんなに素晴らしい」のごり押しで

 

 

 

 

いざ内定を貰えば

 

 

 

「え、これ、知らなかったんだけど

 

 

若しくは契約と違うんだけど…」

 

 

 

とがっかりすること多々。

 

 

 

 

 

 

その採用担当者の

 

 

 

 

「働いて貰うなら辛い事もきちんと提示しないとフェアじゃない。それをきちんと話さないから過労死や自殺がおきるんだよね。」

 

 

 

 

 

 

という言葉は全く持ってその通りだと思いました。

 

 

 

しまいには

 

 

 

なんで、Rinaさんみたいな若い子がこんなところ来ちゃったの?何に挫折してここ来たの?」

 

 

 

とひたすらカウンセリングして下さっただけの企業説明会

 

 

 

 

散々、「今の日本糞だろ」

 

 

 

 

 

と唾吐きかけてやりたいくらい

 

 

 

 

就活ではメンタルすり減って

 

 

不貞腐れていました。

 

 

 

 

正直、夢に挫折し、仕方なしに応募した企業の採用担当に

 

 

 

 

「まだ、若いんだからやりたい事に挑戦してみなよ。まだ、その年なら何度だってやり直せるんだからさ。」

 

 

 

 

と背中押されて号泣して帰って来ました。

 

 

 

 

厳しい事も、沢山、言われましたが

 

 

 

未だかつてこんなに信頼して面接を受けた企業はなかった。

 

 

流石、人の命を守る保険会社の採用担当者の面接は

 

 

 

質が違うなぁと思いました。

 

 

 

 

私は、面接を受けていていつも不思議に感じていたんですが

 

 

 

「ネガティブな質問」が出来ない環境が

 

 

 

毎回、非常に不満だったので

 

 

 

 

全部、いきなり洗いざらい話して頂いて

 

 

 

 

 

すっきりしました。