Diary

#LGBT(Q)の人です。日常の雑記、写真。

特別

f:id:trash515:20180327203957j:image

 

 

 

 

 

 

少しばかり耳が痛い話をします。

 

 

 

 

 

ここ何年かで

 

 

 

LGBTsの問題はメディアで取り上げられて

 

 

 

 

 

注目を浴びています。

 

 

 

 

そんな時期に、私は、居酒屋でバイトをしていました。

 

 

 

見るからに典型的なビアンさんのような出で立ちをした私に

 

 

 

 

「なあ、おねーちゃん、いや、おにいちゃんか?あんた、最近、流行りのLGBTって人やろ?」

 

 

 

 

 

と年配のお客様に聞かれました。

 

 

 

 

私自身は冷静に

 

 

「プライベートなことですので、お答え出来かねます。」

 

 

 

 

とその質問に答えない姿勢を貫いて接客をしていました。

 

 

 

 

「心が男なら「私は男です」とネームプレートに書いておけ」

 

 

 

 

「女が好きなのかどうか?実際、女としてるのか」

 

 

 

 

という非常識な質問をされても

 

 

 

お客様ですので

 

 

 

杜撰な対応は出来ず

 

 

 

一通り接客をするということが何度かありました。

 

 

 

 

 

 

この複雑なセクシャルマイノリティ

 

 

 

 

なにかのカテゴリに当てはめるのは無理だと

 

 

 

 

私自身も色々な方とお話をして

 

 

 

ここ最近感じたことです。

 

 

 

 

ただ、相変わらず一部の方は

 

 

 

LGBT=同性愛者、性転換を望んでいる人

 

 

 

 

というレッテルを貼りたがります。

 

 

 

それが、なんだって言うのでしょうか? 

 

 

 

からしたらLGBTs以前に

 

 

「みんな人間なんだから

 

 

色々な人がいて当たり前」

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

過去、同性愛嫌悪が、私にもありましたが

 

 

 

いざ歩み寄り話してみれば

 

 

私のように

 

 

いじめを受けていたり

 

 

学校に行けなかったり

 

 

些細なことに傷付きながらも

 

 

 

生きて来た方々だと

 

 

 

自分の認識や考えを改めました。

 

 

 

 

 

人の性について

 

 

例え「お客様一従業員」の関係でも

 

 

その領域に身勝手に入るのは

 

 

傲慢と言うやつです。

 

 

セクハラです。

 

 

見た目でレズビアンさんと思われる事が多い私ですが

 

 

一応、自身をQとしています。

 

 

 

 

性別とか関係なく

 

 

その時が来たら

 

 

お相手を尊重し尊敬し

 

 

愛したいのです。

 

 

LGBTsはファッションでも流行りものではない

 

 

 

「それぞれが特別で個性的な存在

 

 

そこにセクシャルマイノリティーは関係ない」

 

 

今日、お話しした大先輩が残した言葉に感銘を受けた一日😊