Diary

#Lの人です。日常の雑記、写真。

遅れてきた青春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思春期の私では想像が出来ないくらい

 

 

 

 

 

 

仕事中毒、仕事大好きな30代がやってきた。

 

 

 

 

 

今の会社は、労働環境は最高に恵まれているけど、求められていることは今の職場が一番高い。

 

 

 

 

 

それでも、楽しく仕事が出来てるのは、モノづくりの会社だからだと思う。

 

 

 

 

 

うちの一族は建築、画家が家系的にも多いし

 

 

 

 

 

 

 

何より私はずっとゲームクリエイターになりたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指してたプロダクションもあった。

 

 

 

それがかなわなかった時は結構精神的にもきつかったんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、今は車屋さんになっている。

 

 

 

 

仕事量は多いけど、良くも悪くも自分たちの作品が世に出て

 

 

 

 

影響を与えているって言う事実にのめり込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

今の今まで、幼少期の時から1枚の絵を完成させる喜び達成感って色褪せない。

 

 

 

 

その感覚が、今の仕事にはある。

 

 

 

 

 

ちょっと絵の世界と変わったのは、完成して自己陶酔だけで終わらず、何かしらの影響を世の中に与えて反響が返ってくるってところ。

 

 

 

そんな、モノづくりを仕事にしたら、こんなにも生きることへのモチベーションになるとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

私にはずっとモノづくりの血が流れていて、

 

 

 

 

 

そこからぶれた仕事を今までは選んでいたから続かなかったのかなと最近では思う。

 

 

 

 

 

人生初の純白企業に戸惑いもある。

 

 

 

 

コロナが禍では、在宅勤務必須、きっつい上司もいるけど、それを全力で守ってくれる上司が9割超えているこの企業の人材って確かに財産だとも思う。

 

 

 

製造業の限界は30年と言うけど、

 

 

 

この企業は愛されているし、いい人が沢山いすぎて

 

 

 

 

人間なんか誰も信用してやるもんか一人で生きて一人で死んでやる

 

 

 

と尖ったナイフの様な感性で生きていた思春期の自分に

 

 

 

 

「お前が思う程、世の中悪い人間だけじゃないよ」とそっと手を差し伸べたい。

 

 

 

 

 

 

生きるために仕事をしている。

 

 

 

 

一番の目的は彼女と生きるための仕事なんだけど

 

 

 

今はちょっと楽しくもある。

 

 

 

 

思春期は社会不適合者過ぎて自分だとまともな仕事は出来ないと思ってたけど、

 

 

 

 

 

Aランク卒しかいないような大企業で生きるにはちょっとずれた感覚でいた方が

 

 

 

 

 

正直、楽しいね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:trash515:20210909175726j:image

 

 

 

 

今の企業2年目記念で

 

 

 

 

 

仕事のカバン新調した。

 

 

 

 

 

 

これからよろしくね。