Diary

#Lの人です。日常の雑記、写真。

親から受け継いだ曲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実家を離れて「スープが冷めない距離」に彼女とルームシェアを始めて早2カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの住んでいるところは不便で、毎週、母に買出しに連れて行って貰うお陰で両親とは週1くらいでは会えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は仕事に忙殺されていて、寂しいという実感はないが、昨日あたりから今まで洋楽の履歴で埋め尽くされていたSpotifyの履歴にちらほら母の好きだったGLAYが登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう洋楽漬けの私がGALYを聴いているあたり「あ、ちゃんと実家ロスなんだな!!」と思った。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学卒業前には洋楽デビューを果たしていた私自身の思い出の曲と言うと、間違いなくLINKIN PARKを挙げるけど

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の時、母が運転する車でよく聴いていたGALYのBELOVEDは思い出のアルバムだな。

 

 

 

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

色々、聴きなおしてはみたものの、小学生の時から感性だけは一人前で今も昔もBELOVEDのカナリヤは名曲だと感じる。

 

 

 

 

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

この歌詞の「僕らは銃を持たず生きる術もなにも持たず戦場へ行った」と言うフレーズを聴いて独立ちってこう言う事なんだなって悟っちゃった小学生時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて歌詞を読み直してみると、故郷を捨てて夢を追いかけている人の曲なのねと改めて。

 

 

 

 

 

 

今はこの繊細過ぎるTAKURO氏の感性に共感できる部分もあり「そんなこと言ってたらメンタル死ぬ。今の私は殺される前に殺せが掟。」と言う社会での戦い方を備え

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、私の感性は汚れてしまったなと苦笑。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

(でも、相変わらずカナリヤが名曲だなと思えるから大丈夫だよね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと30代で汚れすぎた気もするけど、過酷な現代社会生き抜いていくには感性の種類も必然的に増えますな。